メルマガ「きらレメ」読者登録

かんたんブリスボール

アーモンドミルクを作る際にでる「絞りカス」を使って、簡単で美味しいギルトフリー(罪悪感ゼロ)おやつBliss ball(至福のボール)を作りました。

おいしいアーモンドミルクの作り方

ブリスボールは、オーストラリア発祥のドライフルーツやナッツなど自然素材を原料に作られるボール状のお菓子。No sugar, No Gluten, No additivesをコンセプトにしているので、罪悪感ゼロのおやつとして知られています。

ブリスボールの作り方

自分の体調にあわせたり、家の余りものを寄せ集めたり…自分好みの味を考えて作れるのもブリスボールの魅力の1つ。

材料(約8個分)

  • アーモンドパルプ(アーモンド1Cup分で作ったアーモンドミルクの絞りカスをフライパンで乾煎りしたもの)
  • お好きなドライフルーツ1Cup(砂糖やオイルでコーティングされていないもの)
  • 粉類1Cup:オーツ麦、カカオパウダー、キャロブパウダー、きな粉、ごま、えんどう豆ベースのプロテインなどお好きなもの(組み合わせてもOK)
  • その他:はちみつ、メープルシロップ、ココナッツオイルなど(好みや必要に応じて)
STEP.1
材料をフードプロセッサーに
ココナッツオイルなどもすべて投入してペースト状になるまで回します。

例えば、ドライフルーツはレーズン。粉は、オートミール、キャロブパウダー、きなこ、有機カカオ入りえんどう豆プロテイン…家にあるものを。

STEP.2
丸める
ブリスボールはこの後に焼いたりしないので、衛生面を考えて素手よりはラップをした方が良いそうです。

もっと滑らかなペースト状にすると、生チョコのような食感に。

STEP.3
トッピング
ココナッツやきな粉の上でコロコロころがすと、見た目が可愛くなります。抹茶なども良さそうですね♪ もちろん、そのまま何もしなくてもOK。

STEP.4
保存
冷蔵庫へ。1週間ほど保存可能のようですが、美味しいので大人2人で3日でなくなります(笑)翌日以降の方がしっとり感が増して、わたしは好きです。

気軽で手軽なおやつに最適なブリスボール。

忙しく働く人のパワーチャージにもおすすめ。お弁当に1つブリスボールを加えれば、小腹が空いた時のおやつに◎

ドライフルーツの糖分があるので食べ過ぎは良くないですが、市販の一般的なおやつや菓子パンよりは、栄養面でも健康的なフードレメディ。

わたしはマサラチャイと一緒に食べるのが、最近のお気に入りです^^

ブリスボールのタネを生地にしたレアチーズケーキも美味しい♡