メルマガ「きらレメ」読者登録

下弦の月のパワーを活かしたセルフケア

月のリズムを意識した暮らしを、なんとな〜く続けています。

たまに忘れていることもあるけれど、「あー疲れたな〜」とか、「なんか調子いいな〜」と思って夜空を見上げたり、カレンダーを見ると、「あ、今日から下弦の月だ」「あ、満月だ」と、気づくことも多いので面白い。

それだけ私(動物も植物も、電子機器さえも)は、月の影響を受けていて、それに気づけているとも言えます^^

ホメオパシーのレパトリーにも、「月の影響」に関するレメディは沢山記されています(例えば、写真の黄色い枠のところ)

沢山ありすぎて選べな〜い!という声が聞こえてきそうですが^^;

ご存知の通り、レメディは、月の影響という1つの要素だけで選ぶものではないので、これだけ沢山の選択肢があるのです。

特に月の影響などは、毎回感じるとか傾向がある、という慢性的な要素が強いので、正直に言って、ホメオパスでない限りこうした本を参考に自分でレメディを選ぶのは不可能に近いと思います。

ホメオパスでも難しいんだから(笑)

様々な角度から検討してレメディを選択するために、長い時間をかけて日々勉強と実践を積んでいるホメオパスが沢山いるので、相談してみてくださいね^^

さて今日は、下弦の月のパワーを活かしたセルフケア・メンテナンスの紹介をしたいと思います。

下弦の月のテーマ・パワー

まず、月のパワーを最大限に活かすには、月相の持つテーマ・パワーを知る必要があります。

下弦の月の場合、「解毒・発散・洗浄・発汗」です。

心もからだも、このテーマ・パワーに引っ張られますので、その逆のことをこの時期にしようとすると、心とからだの反発が起こることも…

実は、趣味のNoteをゆる〜くはじめているのですが(良かったら応援してください(笑))、そこに書いた最近の出来事は、まさに、この反発の1つの例かな?と思います。

解毒(デトックス)時期に、栄養素を無理やり入れようとしても吸収しない…というちょっとした出来事ですけどね。

新月に向かう下弦の月の時期は、吸収よりも、リリースすることを意識すると、月のパワーが後押ししてくれます。

下弦の月のパワーを活かしたセルフケア・メンテナンス

私が実際にやっていることを例としてご紹介します。

Epsom salt (エプソムソルト)

ソルトと名が付いていますが、塩ではなく、硫酸マグネシウム。ロンドン郊外サリー州のエプソムという町で最初に見つかったので、その名が付いたそうです。

ロンドンのマ◯キヨのような薬局にも、1ポンドもしない値段で(当時)売られている(飲む用のもの)ほど身近な存在で、心身ともに疲れた〜という時によく買って入浴剤として使っていました

入浴剤として使うと、不足するマグネシウムを皮膚から吸収して補給することができる、とされています。

マグネシウムは、からだに必須なミネラル。

マグネシウムの役割

  • 筋肉の収縮
  • 神経伝達
  • 体温・血圧の調整
  • 体液の酸性・アルカリバランス
  • タンパク質、DNAの合成
  • 骨の発達
  • 骨、脳、甲状腺の維持
  • 酵素の働きを助ける
  • その他、様々な代謝を助けるなど

主に骨組織に、3割が筋肉に、残りは軟組織などの細胞に存在しています。

一方、硫酸は、硫黄の化合物。髪、爪、皮膚などの健康に必要なミネラル

硫黄の役割

  • 肝臓に働きかけ糖質・脂質の代謝を促進
  • 肝臓に働きかけて有害なミネラルなどの老廃物を排出
  • ビタミンB群と一緒に働いてからだの基礎代謝に関わる
  • 体内のタンパク質やアミノ酸を構成

マグネシウムと硫酸が合わさったのが、硫酸マグネシウム(Epsom salt)なので、筋肉や神経に働きかけ、代謝やデトックスに効果がありそうですよね。

個人的な感想としては、エプソムソルトを入れたお風呂に入ると、心もからだもコチコチに固まってしまっている時は特に、ほぐしてくれる感じがします。

久しぶりに運動して身体中が痛いときに入った時は、痛みが取れていたり、翌日筋肉痛になっていないことがあったり…論文書きで頭が疲れている時に入るとリラックスできたり…

PC作業が続いている時などは、体内に溜まった電気が放電されているのか、海に浮かんでアーシングでもしているかのような気持ち良さがあったり…

入浴後はポカポカが長続き…

下弦の月のテーマも解毒・発散・洗浄・発汗でぴったりなので、私は、この時期に自分メンテナンスとして、エプソムソルトを入れて入浴しています

20分も浸かれば十分。むしろそれ以上の入浴はオススメしません。また、1週間に1〜2日を目安にすれば十分とも思います。

実は、1日のうちに2度入浴したことがあります。

1回目は気持ちよく体も頭も軽くなり、スッキリしたのですが、2回目は、体が重く怠くなり、夜は早めに眠ったものの、夜中に目覚めて眠れなくなり、吐き気と胃痛に悩まされました(汗)

ホメオパシーのレメディの硫酸マグネシウムは(Mag-s.)

慢性疲労や吐き気、睡眠(眠くなるのは早いけど夜中に眠れなくなる)、泌尿器系のトラブルなどに使われることが多いのですが、まさに、そんな症状!

私のようにエプソムソルト風呂に入りすぎて具合が悪くなった時(あまりないとは思いますが汗)は、試してみると良いかもしれないですね。

当時の私は、テラヘルツを胃の上に置いて痛みと吐き気を和らげましたが、Mag-s.のレメディを試してみればよかった、と少し後悔 しています(笑)

何事もほどほどに^^;

クレイパック・クレイ

下弦の月の時はデトックスパワーが高まるので、お掃除・リリース系のスキンケアを意識しています。たとえば、毛穴汚れや角質を取り除くようなパック

個人的には、クレイにハーブウォーターが入ったアロマフランスのものが気持ちよく、便利でもあり、好きで使っています。夏は特にひんやりして気持ちが良いです。

また、電磁波のアーシング目的でクレイを入れたお風呂にも浸かるのも、私はこの時期にしています。

セルフマッサージ

下弦の月のパワーの一つに乾燥・固定というのもあるので、なるべく乾燥しないように、入浴後は保湿ケアをしたり、お風呂の中で軽く体をなでる程度にセルフマッサージをして体液を動かす、流すように意識しています。

ハーブティー

今は、自分でブレンドをしていますが、10年前まだ勤めていた頃は、ゾンネントアの月のお茶を楽しんでいました。新月・上弦の月・下弦の月・満月と、4種類、それぞれの時期に合わせたブレンドティーパックが入っていて、気軽に楽しめます。

掃除・空間の浄化

この時期は、満ちていく月の時期よりも汚れが落ちやすい、掃除がはかどる、と言われています。空間の氣を整える意味でも、この時期に断捨離も良さそうです。

フラワーエッセンス入りの空間浄化スプレーも活躍します。

この時期に私が使うのは…自分で作ることもありますが、10年前から愛用しているのはコレです↓

created by Rinker
フィンドフォーンフラワーエッセンス

以上、実際に普段使っているものを紹介しながら描いてみました。いかがでしたか?

月のリズムを意識した暮らしをゆるくでも心がけてみると、自分の心とからだに自然と向き合うクセがついてくるように思います。

セルフケア・メンテナンス、その他、掃除が上手くいかないな…物事が思うようにはかどらないな…などと感じたら、月相を確認してみても面白いかも。

そして、月の持つパワーを活用してみると、思いのほか効率よく効果的にできるかもしれません☆