メルマガ「きらレメ」読者登録

台風にまつわるレメディ

自然発生して経路に雷雨、豪雨、強風をもたらす台風。

でも、台風が通り過ぎると青空が広がり、緑は輝きを増し、街は清々しい空気に包まれる。

まるで地球の自浄作用というか自己治癒力の働きのよう。

昔から台風を龍神様による気の掃除、と捉えている宗派もあるというのも興味深いところ。

しろくまくん

気の掃除って…被災地の人はたまったもんじゃないよ

確かに。龍神様は大きな災難から守ってくれる神様のようなので、もしかしたら大災難を避けるためか…そうじゃなかったら、龍神様は悪者になっていてもおかしくない。なんて想像を巡らせています😥

たまに風邪やインフルエンザに罹って熱を出し、体を休め浄化することで大病を回避するのと似ていると良いのだけれど…。

台風にまつわるレメディ

ここでは、”災害時に役立つレメディ” ではなく、台風などの気圧の変化による症状に役立つレメディを綴っています。

有名なのは、Rhododendron(ロードデンドロン)

ツツジ科ツツジ属シャクナゲ節の植物🌼

レメディの原料になっているのは、Yellow-flowered rhododendronキバナシャクナゲ)(Rhododendron chrysanthum(Rhododendron aureus Georgi))。

高山の霧と嵐の多い場所で育つということもあって、嵐を恐れ、特に雷を恐れ、嵐の前に具合が悪くなったり、季節の変わり目に混乱したり、ナーバスになったりする時に役立つレメディ。

しろくまくん

ルイジアナ州に住むおばあさんが「こんなに膝が痛むのは20年ぶりよ!大きいのが来る!」って言っていたら、しばらくして、記録的な大嵐が来たって話を聞いたことがあるよ。
台風が通過して晴れ間を見せた途端に、頭痛や関節痛の痛みから解放されるという人もいるよね。

カリー

関節痛や頭痛、神経痛、歯痛、耳痛、メニエールなどの症状が、雷嵐・台風が近づくにつれて増してきて、上陸したら悪化する

そして

過ぎ去ったら楽になる。

そんな急激な気候・気圧の変化に敏感な人に、Rhod.(ロードデンドロン)は役立つかも。

キーポイント
  • 雷嵐、台風の前に悪化
  • 嵐や台風の上陸中に悪化
  • 気圧の変化で悪化

ホメオパシーやレメディについてはこちらの記事に⭐︎

ホメオパシーのきほんのき レメディってなに?

その他のレメディ

Rhod.(ロードデンドロン)は、レメディキットには入っていないので、キットの中に入っているレメディで役立つものも少しだけご紹介。

実は、Calc.(カルカーボ)Rhus-t.(ラストックス)も、雷雨・嵐に敏感、という特徴のあるレメディ。

Rhod.(ロードデンドロン)との違いは、Rhod.(ロードデンドロン)には霧の中にいるような、頭がモヤモヤする感覚もあるというところ。

Rhod.(ロードデンドロン)の関節の痛みの特徴は、Rhus-t.(ラストックス)と似ているので、どちらかで迷ったら、またはRhus-t.を使ってみて響かないと感じたら、Rhod.を使ってみるのもよし。

さらに、

Phos.(フォスフォラス)は、稲妻や雷などに敏感で、嵐や台風の前から落ち着きがなくなったり、眠れなくなったり…嵐や台風が来ると膝などがさらに痛む…といった時に使える代表的なレメディの1つ。

しろくまくん

ボクの友達の犬が嵐の前になると落ち着きがなくなって吠えたりするらしいんだけど、犬にも使える?

人でも動物でも同じ。

嵐や台風の前から影響を受けていると感じた時に。

Phos.は、地震の前に具合が悪くなるような繊細な人にも響いたレメディ。色んな影響を受けやすい人に合うレメディだなーと常々思う。

余談
台風や雷、嵐が来ると、逆に調子が良くなる!という人もいます。

そんな方の症状には、キットの中では、Sep.(シーピア)Lyc.(ライコポディウム)が合うことも。

自分で選んだレメディで変化がないとき、自分に合うレメディを選択して欲しい時は、ホメオパシーコンサルテーション(レメディセッション)をおすすめします。レメディキットが欲しいという方も…こちらからお問い合わせください☆

 

アメリカのオレゴン州に、 Crystal springs Rhododendron Garden(クリスタルスプリングスシャクナゲ庭園)と言う、とても美しく広大な庭園があるそうです。いつか行ってみたいな^^